副作用のリスク | 望まない妊娠しないように、通販でアフターピルを!

望まない妊娠しないように、通販でアフターピルを!

副作用のリスク

薬を飲む人

アフターピルがどのようにして避妊効果をもたらすかはご存知でしょうか。
一言で言ってしまえば、人工的に生理を起こさせる、というのがアフターピルの働きです。
妊娠しているかも…と疑うのは生理が予定日になっても来ないときですよね?
妊娠期間中は生理がストップするので、生理の有無が妊娠をしているかどうかを判断するものにもなるのです。
基本的に、ホルモンバランスに異常がない普通の女性であれば、月に1回のペースで生理はきます。
その生理を無理矢理起こすということで、副作用が出ないという保証はできません。
生理を起こすということは、女性ホルモンのバランスを大幅に操作することになるので、体にかかる負担は大きくなります。
それによって軽いものだと頭痛、腹痛などの副作用が見られるとされており、場合によっては吐き気や嘔吐などの強い副作用が出てしまうことがあります。
もしアフターピルを吐いてしまうと、もう一度服用しなければならなくなるので、また苦痛を感じることになるかもしれません。
しかし、アフターピルは1回の服用でいいものもありますし、最近のアフターピルはほとんど副作用が出ないようになっているので、さほど心配する必要はないでしょう。
中には体質的にアフターピルの成分が合わない人もいるかもしれないので、そういう人は迷わず産婦人科に行って医師に相談してみましょう。