服用したのに失敗!? | 望まない妊娠しないように、通販でアフターピルを!

望まない妊娠しないように、通販でアフターピルを!

服用したのに失敗!?

錠剤

アフターピルのもたらす避妊効果はほぼ確実と言われており、性行為後12時間以内に服用すれば100%に近い確率で避妊できるとされています。
しかし、アフターピルを服用したのに避妊できなかった、という例もあります。
そのほとんどが、きちんと服用方法に従っていないせいで起きてしまっているのです。
アフターピルは、そもそも性行為後72時間以内に服用しなければならないものなので、それ以降に服用しても意味はありません。
それを知らずに3日、4日経ってから服用し、避妊できていると思ったのになかなか生理が来ない…なんてことになってしまう女性も多いようです。
とにかく、いかに早く服用するかが求められるので、冒頭でも言ったようにあらかじめ用意しておきましょう。
避妊できなかった理由はそれだけではありません。アフターピルの種類には、1回服用でいいものと、2回服用しなければならないものがあります。
1回服用でいいものを購入したつもりだったのに、購入したのは2回服用のものだった、それに気付かずに性行為後の1回しか服用せず、2回目の服用をしなかったというケースも多くあるようです。
もしくは、1回目の服用の12時間後という指定があるにも関わらず、うっかり飲み忘れてしまうケースも多々あります。
こういった場合、避妊効果はもちろん期待できないので、避妊には失敗してしまいます。
どうしても忘れてしまいそう、という人は1回服用でいいアフターピルを購入するようにしましょう。